ハゲや薄毛でも卑屈にならないこと!

ハゲや薄毛は、なぜ男性の悩みになるのでしょうか?ぞれは、フサフサとした艶のある髪を持った同性に対してコンプレックス覚え、異性にモテなくなるかも…という恐怖心を抱くからだそうです。

髪が抜けたり、薄毛になったりするのは当人にとってみればショッキングな出来事ですが、意外と周りの人は気にしていないことがふつうです。要は自意識過剰というところでしょうか…。

特に女性は、ハゲや薄毛の男性が嫌いというよりも、薄毛やハゲを気にして悩んだり卑屈になったりする男性の言動ガが嫌いだといいます。

薄毛やハゲを気にした言動を取るよりも、これもひとつの個性と割り切って自然体に振る舞えば、女性も気にすることはないみたいです。そういえば、すごくきれいで若い奥さんがいる男性には、薄毛やハゲの人が少なくありません。

外見上は髪がなくても、心が豊かで人生に自信を持って生きている姿に女性は憧れるんですね。薄毛やハゲを恐れるのではなく、たとえ髪の毛は少なくても、自分らしく正々堂々と生きる。そんな姿を女性に見せてあげましょう。

http://ザスカルプの通販.xyz

髪のサイクルをご存知ですか?

髪の毛は一定のサイクルで発毛と脱毛を繰り返していますが、これをヘアサイクルといいます。このサイクルがうまく行かなくなると、抜け毛が増えて薄毛やハゲを誘発してしまいます。

◎髪の成長期(約3~5年)
髪が毛母細胞の刺激によって、細い髪から生え始める時期のことです。

◎退行期(約3週間)
髪の毛全体の1%がいつもこの状態に置かれているそうです。細胞の分裂が停止して、最後は休止期を迎えます。

◎休止期(約4~6ヵ月)
髪の成長が止まって抜け毛になる時期です。この時期の終わりには、古い毛の下に新しい髪が待っています。

こうした髪のサイクルがうまく行っているなら、薄毛やハゲの心配はあまりないのですが、ストレスやホルモンの異常、皮脂の過剰分泌などでヘアサイクルがうまく行かなくなると、髪は抜け毛が多い状態となってしまいます。

たとえば、髪が細くなってきたのが目立つようになれば黄色信号。すぐに育毛を始めたり、医師に相談して対処法を検討しましょう。

<こんな髪になったら要注意>
①髪が細くなり、コシやハリがなくなった
②髪がパサついてまとまりが悪い
③染めたわけでもないのに、髪が赤っぽくなってきた
④何度もパーマをかけて髪にダメージを与えている
⑤抜けた髪の毛が細い

ザスカルプ5.0c【キャピキシル5%配合】激安